バナー

webマーケティングの効果を最大化する

webマーケティングの効果を最大化するためには、その効果の検証が不可欠です。


ネットは様々なデータが取りやすいため、単にwebマーケティングの施策を実施して終わりにするのではなく、その効果を見ながら課題を発見し、次の施策に生かすことができます。

きちんとした効果検証を行い、それを十分に活用していくことこそ、webマーケティングにおいては何よりも重要になってくるのです。PDCAサイクルとは、プラン二ング(PLAN)、実行(DO)、効果検証(CHECK)、改善(ACT)という4つのステップからなります。

プランニングをして終わりとするのではなく、効果を検証し、さらなる改善を図っていくという継続的な運用サイクルです。


webマーケティングにおいてPDCAサイクルを確立するには、チームの体制と仕事の進め方を工夫することが大事です。

ポイントは、密なコミュニケーションを実現することです。



たとえ制作作業を外注していたとしても、すぐに改善点が伝わり、修正されてすぐにアップされるような体制や仕事の進め方の型を作ります。

ここがwebマーケティングの肝になってきます。


PDCAサイクルを回すには、プランニングをする人、効果検証する人を企業内に持ち、制作だけを外注するという体制です。この場合は、発見した課題と改善の方向性を制作会社にきちんと伝え、さらには改善策の実現度合いについてチェックすることも重要です。


検証とそれに基づいたプランニング、そして制作もすべて広告代理店や制作会社が行う場合もあります。
この場合は、検証の視点や内容、プランをきちんとチェックします。
密なコミュニケーションを実現するためには、webマーケティングデータの共有も重要です。
理想的なのは、同じアクセス解析のレポートデータをチームメンバーが簡単に見つけられるような状態にすることです。



検証や制作を行う外部の広告代理店や制作会社にもアカウントを発行して、同じデータをリアルタイムで共有するとスムーズにいきます。

もし複数の広告代理店や制作会社を使っていてデータをお互いに見せたくない場合には、アカウントによって閲覧できる権限設定や範囲設定ができるアクセス解析ツールを使うと便利です。

@niftyニュース情報サイトをご利用下さい。