バナー

webマーケティングにおけるアフィリエイトの活用

webマーケティングにおいては、アフィリエイトという手法があります。アフィリエイトは、広告主とアフィリエイトサイトが提携して作り上げるネットワークをベースとした広告と販売の仕組みで、webマーケティングにも大いに活用することができます。

ユーザーが、ブログなどのアフィリエイトサイトに貼り付けてある広告をクリックし、着地した広告主のwebサイトで購入や会員登録をした場合に、広告を掲載していたアフィリエイトサイトの運営者に広告主から報酬が支払われるという流れです。

広告主にとっては、自動的に数多くの店舗が作られるようなものなので、ブランド認知のアップや印象付けといった広告としての効果とともに、販売チャネルが拡大し売上アップに貢献するという効果があります。

以下では、webマーケティングにおけるアフィリエイトの特徴を整理していきます。
webマーケティングにおいてアフィリエイトを活用することによって、自社サイト以外の販売チャネルを持つことができます。

至るところに店舗を持っているコンビニエンスストアをイメージすると分かりやすくなります。

報酬という形で一定金額をアフィリエイトサイトに支払う必要はありますが、広く販売チャネルを持つことによってweb上に多く露出されますので。
それだけ顧客の獲得や売上の拡大に寄付します。
アフィリエイトは、成果があった場合に報酬が支払われる成果報酬型の支払方法がとられます。


成果に応じて報酬を設定することにより、効率的に新規顧客の獲得や売上の拡大を図ることが可能です。

成果として一般的なものは、ECサイトにおける商品購入です。ほかに会員獲得や資料請求を成果と見なすこともあります。

これらの成果や実績をデータとして蓄積し、最も効果的なアフィリエイトがどれだったのかを分析・検証することもwebマーケティングにおいては非常に大切です。



アフィリエイトでは、一般のユーザーが自らのwebサイトやブログに、独自に作成した記事とともに広告を貼り付けます。

そのため、広告主からの押し付けではなく、ユーザーによる客観的なお勧めとして見えることになります。企業目線ではなく、一般のユーザーの目線で、個人的なストーリーや考えをもとに商品を紹介することによって、信頼感を持って選んでもらうことも可能になります。



これこそがwebマーケティングにおいて非常に重要になってきます。

T-SITEのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。