バナー

コミュニティによるwebマーケティングを始めるには

コミュニティをwebマーケティングとして活用するには、自社でコミュニティを立ち上げる方法と、すでにある外部のコミュニティを利用する方法とがあります。


自社で立ち上げれば、設計次第で、欲しいデータを自由に取得することができます。

その中で、立ち上げの企画や開発、運用、データ取得、分析などはすべて自前で行うことになります。


一方、外部のコミュニティを利用する場合は、すでに多くのユーザーがいるため、すぐに一定の成果が得られます。

グノシーに関する疑問が解決できます。

ただし、自社で立ち上げた場合に比べて、取得できるデータの自由度は下がります。

どちらにするかは、費用対効果を見極めながら検討します。


webマーケティングの中でコミュニティ戦略に力を入れるのであれば、両者を併用したwebマーケティングを展開するという方法もあります。



自社でコミュニティを立ち上げる場合には、同じターゲット、ユーザー、同じテーマのコミュニティを探し、どの程度のユーザーが集まっているのか、どれくらいアクティブに活動しているかなどに対する感覚値を持つことが大切になってきます。

集客や運営などの難易度が相対的に高いため、コストに見合うだけのリターンが得られそうかを確認するためです。
そのうえで戦略や企画を考えていくことで、効率的なwebマーケティングを展開することができます。

また、外部のコミュニティをwebマーケティングの中で活用する場合、まず重要なのは、どのコミュニティを選択するかです。


検討するときの視点は、対象とするユーザーが一定数いるのか、アクティブに活動しているのか、宣伝効果や情報伝播力があるのか、そのための仕組みを用意しているのか、どんなデータが得られるのか、などです。



コミュニティでは、同じようなテーマのユーザーによるコミュニティがいくつかあります。


どれだけの人を集めているのか、どれだけ活発にコメントしてあるのかなどを調べることがポイントです。

webマーケティングにおけるコミュニティの分析においては、コミュニティ数や参加者数、活発度、コメントの内容などを詳しく調査し、自社でコミュニティを立ち上げた場合との比較をシミュレーションしてみることも大事です。