バナー

コミュニティをwebマーケティングに生かす

webマーケティングにおいては、コミュニティをうまく活用することがポイントになってきます。

webマーケティングを実践するにあたってコミュニティを活用することによって、企業はユーザーと直接的にリアルタイムにコミュニケーションをとることができるようになりました。

これは従来できなかったことで、そこから生まれるメリットはとても大きなものであり、新たな形態のwebマーケティングとして、その期待も大きくなっています。
まず、ファンや興味のある人に、新商品のリリースを告知することができます。

SNSでは、興味や関心に応じたコミュニティを自由に立ち上げることができます。



企業が自社の商品やサービスに合ったコミュニティを持ち、ユーザーに新商品を知らせることもできます。
また、企業が自分のプロフィールを持って、一個人として更新情報をアップすることもできます。



次に、企業や商品、サービスについて、ユーザーの生の声を聞くことができます。


立ち上げたコミュニティで評価やレビュー、コメントを通して、商品やサービスに対する反応やフィードバックを得ることができます。
こういった生のユーザーの声こそ、webマーケティングの生命線となってくるのです。

また、行動や発言を観察・分析して、興味や関心を知ることもできます。

アンケートをとってユーザーからの生の声を得たり、ユーザーの行動を分析して興味ある商品やその特性を得たりすることもできます。

商品についての口コミや人気データをwebマーケティングデータとして蓄積し、活用することができます。こうしたwebマーケティングデータを企業は、商品開発や販売に生かすことができます。

興味や関心に合わせて、効果の高い広告を出すこともできます。

コミュニティではユーザーの興味や関心が行動として表れるので、それに合わせて効果の高い広告を出すことができます。

期待できるNAVERまとめ情報を豊富に提供しています。

例えば、男女といった属性ごとや興味のカテゴリーごとに広告を出すといった方法です。

また、ユーザーから新しい商品のアイデアをもらうこともできます。
商品モニターなどになってもらうことによって、コアなユーザーによる自主的な貢献を期待できることもメリットの1つです。